トップイメージ

カードを契約失効ことについては簡便なものではありますが、機能停止する上で留意しておきたい点を理解しておくだけでクレジットカードの無効化もスムーズに完了させることが可能になるに違いありません。仕事 辞めたい アフィリエイト

列挙して述べてみましたため出来れば確認してみてほしい。

クレジット加入手続きを完了させた後間髪入れず契約失効は危険:クレジットカード登録した直後間髪入れずカードを契約失効をしてしまうと、悪質な顧客というようにカード会社においてレッテルを貼られるという意図せぬことがあり得ます(例外的にしょっちゅう申請→使用取りやめにというような作業を行ったというとき)。

成約時の限定特典欲しさで行った加入の場合、商品券や各種特典を始めとした入会時の優待権を全て味わったというような理由で間髪入れず契約失効の実行をしたくなる思いもわかる。

それでも、カードサービス会社サイドの立場から考えれば計算高い契約者に対してはもう決して会社の与えるクレジットカードを自分勝手に使用されて迷惑をかけられたくないとそれ以上の利用を拒否するという意思決定が下されても怒ることはできないでしょう。

そのため、契約特典を狙ってクレジットカードを申請してしまった際にも直ちに解約行わないで少なくとも180日、出来れば365日よりも所持しているクレカそのものは契約を破棄せずその後解約するということをするべきだと念を押したい。

あるいは入会時のサービス・ポイントということに限ったことではなく、まずは作成してみたけれども使いづらいから今すぐにでも使えなくしたいというようなケースでも、まず発行してから六ヶ月経過するまでは届いたクレカを保有し続けて頂きたいと思います。

クレジットカードの使用者側が感じている以上にクレジットカードというものを新しく作成するときの人件費というのはかかってしまうものだと割り切って、せめてものお詫び・・・などと思いやって下さるならばお互い気持ちよくなれるように思います。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.acid-dc.com All Rights Reserved.